Author Archives: admin

認定の注意点

交通事故によってケガを負い、後遺症が治らない場合後遺障害認定を受けます。後遺障害認定を得るには注意しなければならないことがいくつかあります。まず、後遺障害認定には、加害者保険会社が被害者に代わって行う「事前認定」被害者が自ら申請する「被害者請求」という二種類があることです。

認定そして、認定手続きを始めるのは交通事故被害にあってからすぐではなく、これ以上治療をしても治癒の見込みがないと医師に認められてから、これを専門用語で症状固定といいますがこの症状固定をしてからになります。ごくまれに、加害者側保険会社があまり時間を掛けたくなかったり、高い等級認定を避けるように治療の打ち切りや早期の示談を提案して来ることもありますが、自覚症状が収まっていないのに安易に終わらせるのは得策ではありません

次に、当然ながら事故とケガとの因果関係が認められないと後遺障害認定はされませんし、物損事故ではなかなか後遺症まで認定されません。そのため、事故が起こってからすぐに診察を受けることはもちろんですが、安易に物損事故にしないことです。ただし、所定の書類を管轄の警察署に提出することで、物損事故を人身事故に変更することはできます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

むち打ちとはどのようなもの

むち打ちむち打ちとは、交通事故で最も多い症状の一つですが、首に不自然な強い力がかかったことによる首のねん挫のことを言います。むちがしなるように首が不自然に動きますのでその名がつけられました。医師の診断名としては、頸椎捻挫、もしくは外傷性頚部症候群などといいます。頭部が強い衝撃で前後に揺さぶられたことにより、それを支える首にも負担がかかるためこのような症状が出ます。

頭部から背骨に沿って人体にはとても主要な神経の束がありますので、症状としては手足のしびれやめまいなど首の痛み以外にもさまざまなものがあります。しかも、むち打ちの厄介なところとしては事故当日には何ともなかったのに後日痛みが発生するという点です。

そのため、首に強い衝撃を受けたら、整形外科などを受診し、レントゲンの撮影並びにMRI検査を受けるようにしましょう。骨折の有無を知るためのレントゲンはもちろんのこと、脊髄や靭帯、椎間板や神経根などの損傷や異常を調べるためにもMRIが重要です。

もしこれらの症状が通院しても改善しなかった場合、後遺障害認定をしてもらうことが重要です。後遺障害認定をもらうことで慰謝料や逸失利益による損害賠償を請求できるからです。


▼参考リンク▼
むちうち損傷(頸椎捻挫)について | 後遺障害 | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

認定の仕組み

交通事故の後遺障害認定を行うのは、損害保険料率算出機構という団体であり、これは損害保険料率算定団体に関する法律に定義されています。後遺障害は1級から14級まであり、どの等級に認定されるのか、本当に後遺障害なのかという判断は、全国の都道府県庁所在地に設置された自賠責損害調査事務所が行っています。

認定後遺障害の認定を受けるタイミングは、症状固定を医師が判断するときで、医師によって書かれた「自動車損害賠償保険後遺障害診断書」という書類を提出します。それまでの治療の診断書や医学的資料をあわせて後遺障害等級の軟球何号に当たるかを審査してもらい、認定となります。後遺障害による慰謝料はそのあとに払われます。

後遺障害認定の申請方法とは事前認定と被害者請求という2つの方法です。事前認定とは交通事故の加害者が加入している任意保険会社を通して申請することであり、被害者請求は被害者自身が加害者の加入している自賠責保険会社に直接申請をして認定を受ける方法です。前者は保険会社が主体となりますので、煩雑さはない分思ったような等級にならないリスクもあります。

後遺障害認定に納得がいかない場合、異議申し立てをすることもできます。いずれにせよ、きちんと判断されるには弁護士など専門家に相談するとよいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故で負う後遺障害とは?

交通事故の後遺障害とは交通事故による負傷が原因で完治が認められないケガのことを言います。特に自動車と交通事故に遭った場合、かすり傷から入院が必要な重症までケガといってもたくさんの種類があります。後遺障害とは、このようなケガの中で後遺症のような症状が将来にわたって残るということです。

医療機関交通事故による負傷は骨折や捻挫、打撲や脱臼など多岐にわたりますが、後遺障害の定義はいくつかの条件を満たしておかなければなりません。まず、交通事故での負傷が将来において関知しないといこまれることや交通事故によって引き起こされた負傷というのが明らかであること、その負傷によって労働能力の低下を伴うものであり、自賠責保険の等級に認定されなければなりません。

注意点としては、事故直後にきちんと医療機関で診察を受けないと、事故との因果関係を証明できなくなり、後日損害培養を請求しても、もともとの怪我なのか、事故に起因するものなのかがわかりません。交通事故被害に遭った場合は、いずれにせよ早期に医療機関での診断を受けることが大切です。

後遺障害と認定されるのは、事故後すぐではありません。症状固定といい、治療を続けてもこれ以上の症状が回復せず、将来においても何らかの症状が残ってしまうと診断されたときです。この後遺障害の認定を受けるためには、等級認定の手続きが必要であり、素人が自分で判断できるものでもありません。いち早く弁護士など専門家に相談するとよいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket